読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界はもっと広いのだから

アイルランドで見つめ直す私の人生

ベルギーで就職活動 総集編

仕事

f:id:tsurusae:20170307052827j:image

 

スーパー可愛い猫に癒されてすっかり体調も回復したつるとんたんです。

 

今回はベルギーでの就職活動を通して感じたことをつらつらと書きたいと思います。

 

まずつるとんたんの今後のテーマですね。

 

自分の好きな場所で興味のある仕事をしながら生きていきたい

 

をテーマにすることにしました!

 

場所と仕事にこだわらなければ、日本以外でも仕事は見つかります。

例えば日本人のお客様専用のカスタマーサポートやテレセールスの仕事。

でも私は好きな国と興味のある仕事にこだわりたいんです!

だってもし仕事が見つかったら日本を離れてその場所で暮らすんです。

好きでもない場所で好きでもない仕事をしていたら、「私はなぜここにいるんだろうか(´・ω・`)」と途方にくれちゃいます。

なのでこの両方が満たされないのであればワーホリが終わったら日本に帰って自分の好きな仕事する!って決めました!

 

ベルギーが第一候補ですが、オランダドイツそしてダブリン!を視野に入れようと思います。

 

ではここから実際に感じたことを。

 

その国の言葉が話せるに越したことはない

ヨーロッパは英語が浸透しているとはいえ、その国の公用語が話せたら仕事探しの上で有利にたてると思います。

面接では「フランス語話せる?習いたいと思う?」って聞かれました。

翻訳の仕事に応募したときの回答では「上司と協議してみたんだけど、今はオランダ語から日本語に翻訳できる人を探してるんだ。ごめんね」と断られたりもしました。

やっぱりその国の言語は大切ですね。そこで暮らすってなったらもっと大切ですしね。

 

エンジニア職が熱い!!

エンジニアの皆さん!仕事山ほどありますよー!(笑)

今ヨーロッパでは優秀なエンジニアが見つからなくて、大変な状況なんです。私も求人見ててもエンジニアばかりですねー。需要めちゃめちゃあります。

ベルギーではエンジニア職は医者よりもランクが高いんだとか。

ベルギーは給料の半分が税金として納められますが、その分福利厚生が熱いです。

お世話になっているベルギー夫妻はどちらもエンジニアなのですが、家を訪れた際に「4年に1度会社が車を支給してくれてそれが今月なんだけどまだ届かないんだよね~」ってつぶやいていたので「車支給してくれるの?どうして?田舎だから会社までの交通手段として貸してくれるの?」と聞いてみました。

そしたら「福利厚生の1つなんだよ~。エンジニアのランクによって選べる車の予算が決まっていて僕は450万までなら好きな車選んで会社がくれるんだよー」と言ってました。すごい衝撃でしたΣ(゚Д゚)

 

求人に応募すると意外と返信くれるが必ず聞かれる労働ビザ

私は日系からインターナショナルな会社まで色々応募してみてますが、意外と返信くれます。内容的には「今はあなたに適したポジションはないのだけど、1年間CVは保管させてもらってまた機会があったら連絡するね」と丁寧に。

そのほかには「クライアントが労働ビザ持ってるか知りたいみたいなんだけど、持ってる?」とか。

ビザをください(苦笑)

やはり失業率が高いヨーロッパはヨーロッパ人の雇用を守るためにも非ヨーロッパ人を雇うときには手間暇とお金と時間と労力がかかるのです。

「今すぐ人が欲しいんだ!」って求人に「手間暇とお金と時間をかけて雇ってくれ!」と私は応募しているわけです(笑)

なので労働ビザを持っている人が有利になるのは間違いないですね。

ここが私がベルギーで仕事を探す上での最大の壁(;><)

「スーパーめんどくさい労働ビザの手続きをしてでもあなたを雇いたい!」って会社を見つけるしかないですね。

 

ってことは自分の好きな国でワーホリビザをとれるなら海外就職のチャンスは広がりますね~。

ワーホリビザで行く→すぐ働けるビザなので会社を見つけて働く→成果がでれば会社も手続きをしてワーホリビザから労働ビザに切り替えられる。

 

残念ながらベルギーはワーホリビザはないのですが、ヨーロッパの国は他にもけっこうワーホリビザとれる国はあります。最近ドイツが熱い!のもよく聞きます。

 

さらに立ちはだかるのはシェンゲン協定

私はダブリンから仕事を探して面接の機会を頂いたらベルギーや他の国に行こうと思っているのですが、もちろん観光ビザなのでシェンゲン協定に入っているヨーロッパ圏は「あらゆる180日間のうちの最大90日間」しか滞在を許可されません。なので滞在しまくると入国拒否を食らいます><

旅行とかを含めたら過去半年で累計1ヶ月半くらいは使っているんじゃないかしら。

アイルランドは島国だから他のヨーロッパ圏に行くのに必ず飛行機乗るのでよりカウントチェックされているでしょう。

 

あまり難しく考えない

私がする就職活動は難しいと思うのですが、「無理無理無理無理無理!」って考えてたら絶対無理なので気楽に考えようと思います。

「できるできるできるできるできる」って念仏のように唱えよう。

 

ダブリンで私は何をしよう

さてダブリンに帰国してから私は何をしようか悩んでいます(笑)

バイトでもしようかしら。でもシフト組んでもらっていきなり面接の予定入ったら困るしな~とまだバイトすら決まっていない状態で悩むつるとんたんです(;^ω^)

ノマドワークかな(とか響きがかっこいいからただ使ってみたかっただけです)

 

f:id:tsurusae:20170307190617j:image

 

ベルギー夫妻が貸してくれた部屋にはたくさんのテントウムシがいます。

私にも幸せを運んでくれ~!!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村