読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界はもっと広いのだから

アイルランドで見つめ直す私の人生

CANALAPHONIC と本屋でパニック

f:id:tsurusae:20160925033057j:plain

今日は音楽と文化のフェスティバル「CANALAPHONIC」に行ってきましたー!金曜日にたまたま広告を見つけてブラジリアンガールと暇だから行くことに。

でもね、

 

すっごい雨!

 

そして

 

バスストライキ

 

この2つが頭を悩ませます・・・。

会場まで私の家から徒歩30分、そして友達の家からは徒歩1時間。

どしゃぶりの雨と風の中歩くのは相当つらかったです。

そして他の友達は住んでる場所が遠いのでバスがないと来られず断念・・・。

でもフェスティバルはすごく良かったです!

アイリッシュミュージックが聞けたり、独創的な音楽に出会えたり。

私はかなり音楽に疎いのですが、それでも音楽に合わせて体を動かすのは最高でした。

雨じゃなければ!!!

f:id:tsurusae:20160925033757j:plain

結構広いメインステージでしたが雨のためお客さんは少なかったです。

f:id:tsurusae:20160925033907j:plain

f:id:tsurusae:20160925033915j:plain

それでも色んなアーティストを知る機会になったので行って良かった!

 

f:id:tsurusae:20160925034031j:plain

メインステージ以外にも近くの本屋やカフェでもアーティストが音楽を披露してました。フェスティバルは夜遅くまで続く予定で、パブでも音楽が聴けるのですが、やまない雨と寒さに耐えきれずギブアップ。

途中で帰ることに。

 

その帰り道、ふと日曜日は1日暇なので本を買って英語の勉強をしようと思ったんです。それで本屋に立ち寄って本を買うことに。でも洋本の知識が全くないので女性の店員さんにおススメを聞いていくつか選んでもらうことに。

 

そして気に入った本を持ってレジに・・・。

 

はい、ここで私はパニックに陥ってしまったのです。

 

まず男性の店員さんに本を渡します。

この時点で緊張。私は初対面の男の人だとやけに緊張してしまうタイプなんです。

「How are you?」と聞かれ、「I'm good」とやりとり。

まあ「How are you?」は店員さんが必ず言う社交辞令なんで特に意味はないのですが、その後彼は「それは良かった!」と会話を続けてくるではないですか!

そうとてもフレンドリーで気さくな店員さんだったのです。でも・・・

 

お願いやめて緊張するから!Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

 

とこの時点ですでに私はパニック。知らない店員さんとの日常会話ほど苦手なものはありません。そしてこの店員さん素敵なアイリッシュアクセントをお持ちで、私は余計に完璧な英語で話さなくてはとパニックのスパイラルにはまっていきます。

 

「ロイヤリティカード持ってる?」

「持ってないです」

「作るのに興味ある?」

「ロイヤリティカードってなんですか?」

「本を買うたびにポイントが貯まるカードだよ」

「作るのは無料なんですか?」

(本当は有効期限はいつまでですか?って聞きたかったがその英語がでてこなかったorz)

「そう無料だよ!シティセンターらへんで本を買うなら作る必要はないけどここらへんに住んでるなら便利なカードだよ」

「ここらへん住んでます。えっと・・・じゃあ作ります!」

「OK!じゃあ登録するからメールアドレス教えてくれる?」

「s、a・・・・・」

「ん?」

「あ、やっぱアドレス紙に書きます!(汗)」

 

そしてチラッと後ろを見ると・・・・

 

うぉぉぉぉぉぉ!!長蛇の列!!(((( ;゚д゚))))アワワワワ

 

そう、私がちんたらしていたせいで本を買う人の列ができてしまったのです。

プレッシャーに弱い私。

は、早くしなければ・・・後ろの方々を待たせている!!アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ

プレッシャーとパニックで私の頭はパンク寸前!!

クレジットカードの支払いでもパニック!日本と同じ機械なのにカードの差込口がわからずあわあわ!

「リラーックス!!」と私の隣で何度も言う友達。そしてあまりの動揺ぶりに笑いをこらえる店員さん。

やっとのことで支払いを終え、おーこれでプレッシャーから解放されたわ、早く帰りたいとホッとする私。

 

最後に店員さんが「I hope this book is good for you」と爽やかに言って本を渡してくれました。そうくると思ってなくて、とっさに「Thank you」すら出ず、固まったまま「yeah」と言った私。友達爆笑。

 

ああ・・・なんて恥ずかしい。

 

その後友達に「なんであんなにパニックになったの?しっかりしなさい」と言われました。

はい。反省します。なぜあんなに挙動不審な人になったのだろうか。

まず私は予期せぬことが起こるとパニックになってしまいます。ただ本屋で本を買うだけだろうと思っていたので店員さんがフレンドリーに話しかけてくるとは思わずびっくりしてしまったのです。そしてネイティブの人と話すとよけい緊張してしまいます。友達同士なら英語の文法を間違えてもあんまり気にしないのですが、なんでしょう、店員さんと話していたときは「ああ正しい英語を話して、英語を話せる人だって思ってもらわなくちゃ」って勝手に考え、そう考えれば考えるほど英語が出てこず相手の英語を理解するのにも時間がかかります。

自分で自分を追い込んでいく・・・。

 

負のスパイラル(´Д⊂グスン

 

「あなたはここに1年暮らすんだから普通の買い物くらいでパニックにならないでリラックスしなさい。いつでも居心地よく暮らさなきゃ」と友達に言われ、本当にその通りだなと思いました。

 

頑張ろう、自分(´・ω・`)

 

f:id:tsurusae:20160925071118j:plain

いつかこの本の感想をあの店員さんに伝えてみたいですが、読み終わるまでにはかなりの時間がかかりそうです。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村