読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界はもっと広いのだから

アイルランドで見つめ直す私の人生

ベルギー 偶然の出会いから小便小僧の秘密を知る

旅行

f:id:tsurusae:20170201192814j:plain

 

皆さんはベルギーの小便小僧(Manneken-pis)をご存知ですか?

世界三大がっかりの一つとして有名なこの像。実際に見ると小ぶりで可愛らしいです。

観光名所として、いつ見に行ってもたくさんの人で溢れかえってます。

日本ではワッフルのお店、「マネケン」として知っている人も多いのでは?

色んな諸説があるんですが、昔、小便を使って火を消して英雄になったジュリアン君の像です(すみません、かなりあっさり要約しました)

そんなジュリアン君は地元っ子にも愛されるベルギーの人気者!

実はたくさんの衣装を持っていて不定期で服を着ているのです。(ブリュッセル市立博文館に行くと衣装のコレクションが見れます)

私はそのコスプレ姿が一目みたくてベルギーにきては絶対小便小僧を見に行くのですが、何回行ってもいつも裸!(寒そう・・・)もう何度挑戦したことか・・・。

 

レミに会いに来た初日も見に行ったんですが、またもや裸!

もう君の裸は見飽きたぜベイベー(´・ω・`)

正直今回も諦めてました。

 

ダブリンに帰るため、ブリュッセル国際空港に向かう日曜日の朝。

レミは一人で山道をスキーで滑りに行くというので(レミよ・・・)、一緒に家をでて駅に向かうことに。

レミの家はブリュッセル北駅の方が近いので、そっちから行こうと提案されたのですが、この時私はブリュッセル中央駅に向かう途中にあるハーゲンダッツのお店で、ベルギーならではのハーゲンダッツアイスとワッフルのコラボスイーツが猛烈に食べたく!だがそんな食い意地のはった奴だと思われたくなかったので、「最後にグラン=プラスみたいから中央駅から行こう!」と若干めんどくさそうなレミを無理やりねじ伏せたのでした。

 

グラン=プラスはベルギーの中心地にある世界で一番美しいと称される大広場です。世界遺産にもなってます。

 

f:id:tsurusae:20170201212815j:plain

 

そしてこの広場に到着したときたまたまレミと小便小僧の話になり、「つるとんたんは飛行機までの時間まだあるから見てくれば?」と言われ、また最後に見に行くことに。

小便小僧はこのグラン=プラスから歩いて5分くらいのところにあります。

 

またどうせ、裸なんでしょうって期待しないで行ったんですが、なんだかいつもに増してすごい人だかり。

 

ま、まさか・・・

 

服着てたYO-!!

f:id:tsurusae:20170201215058j:image

 

ついに衣装を着たジュリアン君をお目にかかれたんです。もうあまりの嬉しさに人混みをかき分けてカメラ小僧のように(Iphoneだけど)写真を撮る私。周りでは大勢の人が記念撮影を行っていました。

 

本当見られて幸せだわ~と感傷に浸りながらジュリアン君を眺めていると隣のおじちゃんに話しかけられました。

「英語話せる?」と尋ねられ、

「話せるよ!私、ベルギーが大好きで何度も何度も訪れてるんだけど、いつも小便小僧は裸でね。だから今日初めて衣装着てるとこ見られて本当に嬉しい!!これは何の衣装なの?」とかなり興奮気味に話す私。

「これはウクライナの民族衣装なんだよー。今、ウクライナの人たちと記念撮影しているんだよー」

と教えてくれました。なるほど、それでこんなに人がたくさんいるのね。

 

するとおじさんは私に名刺を渡してくれて

「このサイトに行くと、いつ小便小僧が衣装を着るかわかるよ」と教えてくれました。

よく見るとおじさん、ビシっとした正装で小便小僧のメダルをぶら下げている。

そして次から次へと人に挨拶されてて大変忙しそう。私は「ありがとう」とお礼を言って空港へ。

 

そして家に帰って調べてみることに。それがこちらのサイト。

 

... Ordre des Amis de Manneken-Pis ...

 

おじさん、小便小僧の運営委員会の人でした!

正式には「The order of the friends of Manneken-pis」のArchivist(公文書保管人、なんとも難しそうな専門職ですね)だったのです。

 

ひとまずお礼が言いたくてメールをしたら覚えててくださって、今ではお友達として楽しくメールのやり取りをしています。

おじさんの小便小僧にかける思いは熱く、「世界中の観光客の人たちが撮ったマネケンを集めて発表していきたいんだ。だから観光客用に配るリーフレットのここの部分を日本人の方用に日本語訳してくれ」と頼まれました。

 

つるとんたん、翻訳家デビューしました(´∀`*)(笑)

 

本当に簡単な英語の文章を日本語に訳しただけなんですけどね。いつしかそのリーフレットを日本人の方が読んで、おじちゃんのもとに撮った写真を送ってくれるかもしれないと思うと人知れず嬉しいです。

 

おじちゃんにもらった小便小僧の他の情報はこちら

 

① 年に一度小便小僧の日(Manneken-Pis Day)がある。

 

その日はお祭り騒ぎで盛り上がるそうです。去年は10/15に行われ、今年の日にちは決まり次第教えてくれます。

さすがArchivisitだけあってたくさんの写真を保管しており、去年の様子も送ってくださいました。その一部をご紹介。

 

f:id:tsurusae:20170201230159j:plain

f:id:tsurusae:20170201230310j:plain

f:id:tsurusae:20170201230315j:plain

f:id:tsurusae:20170201230320j:plain

f:id:tsurusae:20170201230327j:plain

f:id:tsurusae:20170201230335j:plain

f:id:tsurusae:20170201230341j:plain

 

皆さん楽しそうです^^私も今年の「Manneken-Pis Day」見てみたいです。

 

② 日本の衣装は他の国の衣装より多い。

 

なんとジュリアン君に着させる衣装の数、自国ベルギーの次に日本が多いそうです。

なんだか嬉しいですねー。日本の服たくさん持っているなんて。

先ほど貼り付けたリンクを下にスクロールさせていくと合気道の恰好をしたジュリアン君が見られますよ!

 

フランス語がちょっと難点ですが、小便小僧のコスプレが見たい方は、このサイトからスケジュールをチェックしてみてください。(AGENDAと書かれているところです)

 

おじさんは若いころ、一人で色んな国を旅してそこで出会った人たちと話すのが好きだったそうです。今ではこうやって私のような観光客との会話を楽しんでいるそうな。

 

「今度ベルギーに来たときは一緒にビールを飲もう!」と誘ってくださり、私も勝手に小便小僧親善大使になるべく、再会したときにもっと深いところまでお話を聞いてこようと思います。

 

思いがけない出会いでベルギーがますます好きになるつるとんたんでした。

やはり旅は良いですね~、命短し旅せよアラサー女子!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村